今回の年末年始は、イレギュラーな出社日はあったものの、全体に1週間まるまる世間が動いていないので、比較的ゆっくり過ごすことができました。

一歩も出かけない日、テレビを見たりスマホゲームで遊んだり、ぐにゃぐにゃして過ごすのはふだんの休みと同様ですが、年末年始というと時代劇の特番も増えるのが楽しみのひとつ。
今年もいい役者さんが豊作でした。
今年観たのはこのあたりで。
あとは、本日から始まるNHK大河ドラマをどうするか、悩みどころであります。
岡田准一は大好物だし中谷美紀もうまい女優さんなのでいいとして、脇が達者な人があまりいないんだよなあ。うーむ。
また、このところ年末年始というと、ジルベスタやニューイヤーコンサートの曲目を聴くのが、わが家では恒例となっております。
「くるみ割り人形」とか「青く美しきドナウ」 とか、子どものころはおめでたすぎてチャンチャラ聴く気になれなかったクラシック曲ですが、悩んでみせるのがかっこいいと思うお年頃でもなくなってきたようで、お正月ぐらいは、と喜んでCDかけっ放しにしてました。

正月休みも今日で終わり。明日からも地道に一日一日進んでまいりたいと思います。

江戸の暗黒街 (角川文庫)
池波 正太郎
角川書店
2006-02-25